髪からの危険信号

髪からの危険信号

「おれはハゲるかもしれない」

 

そう不安に思っている方に質問です。
なぜあなたは自分がハゲると思うのでしょうか?

 

人によっては目に見えて髪の毛が大量に抜けてきたり
どんどん額が広くなってきていたりと、残念ながら薄毛の進行がすぐにわかる状態の人もいるでしょう。

 

しかし、漠然と「自分はハゲる気がする」と不安にかられている方も少なくないはずです。

 

そんな方は、ハゲることに恐怖する前に自分自身の髪の毛の状態を自分自身で把握しましょう。

 

薄毛が進行するかどうかは、当然ですがあなたの髪の毛にかかっています。
健康な髪の毛なら抜けることはなく、そうでないならどんどん抜け落ちていってしまうからです。
つまり、自分の髪が健康かどうかがわかれば、あなたがハゲるかどうかもわかるということなのです。

 

もしかすると、あなたの髪の毛はまだまだ健康で薄毛の心配をする必要はまだないかもしれません。
しかし反対に早急に薄毛予防を施さないと手遅れになりかねないほど危険な状態である可能性もあります。

 

焦らないでください、あなたの髪がもし危険な状態でもまだ間に合います。

 

 

しっかりと対策をすれば

 

薄毛の進行は必ず食い止めることができます。

 

 

まずは、あなたの髪の毛が危険な状態なのかどうかをチェックすることから始めてみましょう。
ハゲ予防をするためには、自分がハゲ予備軍なのかどうかを知ることが大切なのです。


髪が細くて、コシがほとんどない

 

髪が細い人は、ハゲ予防をしておくこをおすすめします。
髪の太さというのは、髪に充分な栄養が届いているかどうかで決まります。

 

栄養がしっかりと髪の毛に届いていれば、髪は太くなり、栄養が届かなければやせ細っていきます。
細い髪の毛というのは、ちゃんと栄養が取れていない、不健康極まりない髪の毛ということになります。

 

同じように、コシがない髪の毛は元気がない証拠です。
元気のない髪の毛はどんどん抜けていってしまいます。

 

 

あなたの髪の毛が細かったりコシがない場合は

 

それは髪の毛が危険信号をあなたに送っています!

 

 

早急に薄毛予防を開始した方がよいでしょう。

 

髪がパサつく

髪がパサついている人は、頭皮になんらかの異常があるとみてよいでしょう。
強力すぎるシャンプーを使用し、頭皮に必要な脂まで洗い流してしまい頭皮の水分を保つことができなくなっている可能性があります。

 

頭皮の健康は髪の毛の健康とは切っても切れない関係であり、非常に重要です。
髪がパサついている方は、自分の使用しているシャンプーを考え直してみることをオススメします。

 

パーマにより髪の毛が傷んでいる

髪にパーマをあてている人は、自分の髪の毛がどれくらい傷んでいるのかをしっかりと把握してください。パーマをあてている以上、髪の毛は傷みます。

 

それはどうしようもありません。

 

 

たしかにパーマをあてると格好良くなり、異性の注目を浴びやすくもなります。

 

しかし、パーマによる髪の毛の傷みというリスクから目を背けてはいけません。

 

お洒落でパーマを楽しむのもよいですが

 

ハゲたくないのなら髪の毛のケアを

 

絶対に怠ってはいけません。

 

 

1日の抜け毛が100本を超えてしまっている

 

健康な髪の毛の場合、1日の抜け毛は100本未満と言われています。

 

 

1日100本以上髪の毛が抜けてしまっている人は

 

異常脱毛が起きてしまっている可能性が極めて高いです!

 

 

確実に薄毛対策をとる必要があります。

 

1日100本以上抜けているのに、「まぁいいや」で終わらせてしまうとあなたはあっという間にハゲ頭の仲間入りです。
絶対にケアを開始してください。

 


あなたの髪の毛は、なんとかあなたに危険信号を届けようと色々な症状を引き起こします。
しかし、その危険信号を受け止めるか、受け流してしまうかはあなたが決めることです。

 

ハゲたくないのなら、危険信号をしっかりと受け止めてください。
危険信号を受け止めることは、実は勇気のいることです。
「自分は大丈夫」「おれはハゲない」などと思いたい気持ちもわかります。

 

しかし、それではあなたの薄毛は確実に進行していってしまうのです。

 

 

自分の髪の毛が健康なのかどうか?

 

自分はハゲ予備軍なのかどうか?

 

自分自身の目で確かめてみましょう!

 

 

最強の薄毛予防シャンプーってなに!?