生活の中に潜む薄毛の原因

生活の中に潜む薄毛の原因

「何もしていないのにハゲていく」ということは通常の場合ありません。

 

薄毛には確実に原因があります。

 

つまり原因があるということは、予防対策もとれるということです。

 

よく「薄毛は遺伝だからどうしようもない」と言う人がいますが、必ずしも遺伝でハゲるということではないのです。

 

父親が薄毛だからといって諦める必要もないということです。

 

それでは、何故薄毛は進行してしまうのでしょう?
その原因を探っていきましょう。


不規則な生活や間違った食生活

実は一番薄毛を進行させてしまう原因は、普段の生活習慣にあります。
夜更しをして、乱れた食生活を送っていれば髪の毛に悪い影響を与えるばかりです。

 

私たちは余裕があるときは油断してしまうものですが、しかしその油断が命取りです。
今はまだ髪の毛があるからと言って、何も我慢せずに食べたいものを食べたり夜遅くまで遊び歩いていたらあなたの髪はどんどん抜け落ちていくでしょう。

 

 

普段から自分自身の生活に注意をしていけば

 

確実に薄毛は予防することができます。

 

 

いきなり僧侶のような禁欲生活をしろとは言いません。

 

それでも少しずつ自分の生活習慣を改善する必要はあります。
例えば、寝る時間を今より30分早めてみたり、食事に野菜を加えたり油物を控えてみたり、できることは必ずあるはずです。

 

 

ほんの少しの生活改善が

 

自分の髪の毛を守り薄毛対策に繋がるということです。

 

 

自分は生活改善する箇所がないと思っている方も、今一度自分の生活習慣を見直してみることを強くオススメします。


自分でも気付かないストレス

よくストレスを感じやすい人感じにくい人と分けたりしますが、実はストレスというものは全員抱えています。
自分でも知らないうちにストレスを溜め込んでいってしまう人というのは珍しくないんです。
うつ病になりやすい人というのは、「自分ではストレスを抱えていると気付かない人」だそうです。

 

それくらいストレスというのは私たちの気付かないうちに自分の中に溜まっているということですが

 

 

ストレスというのは髪の毛にとっては非常に悪影響です。

 

 

ストレスを溜めると頭皮への血流が悪くなったり、頭皮を固くしたりと百害あって一利なしです。

 

自分のストレスが髪に悪影響を及ぼす前にリフレッシュする方法を自分なりに見つけ、定期的にストレスを発散させる必要があります。


薄くなりやすい体質の遺伝

冒頭で「遺伝でハゲになることはない」と断言しましたが
これはあくまでも「遺伝で自動的にハゲになる」ことはないということです。
どういうことかというと、薄毛になるということは頭皮が汚れてしまっていたりすることが原因になる場合があります。
つまり汗をかきやすい体質が遺伝したりすれば、当然自分も汗をかきやすい体質なのでその分頭皮を清潔に保ちづらくなります。

 

そうなってしまうと、頭皮が汚れていき結果的に薄毛になってしまうということです。
「体質じゃあ防ぎようがない」そういうわけではありません。

 

 

ケアをすることで頭皮を清潔に保ちハゲ予防をすることはできます。

 

 

自分自身の体質というものを

 

しっかりと自分で把握しておく必要があるということです。


パーマは染色など外的要因

髪のお洒落を楽しもうとパーマや染色を施す人はたくさんいますが、基本的に髪の毛に外から手を加えるのは悪影響を及ぼします。
パーマや染色は美容室などプロに依頼しても、少なからず髪にダメージを与えてしまいます。
そうなれば、当然薄毛の原因にもなってしまいます。

 

若年層はツイストパーマやブリーチなど髪に大きな負担を与えてしまうことを楽しみますが、若さにかまけて無茶を繰り返せばたちまち若ハゲの仲間入りです。

 

 

お洒落をするなとは言いませんが

 

自分の髪の毛をいたわってあげることは

 

薄毛予防には大切なことなんです。

 


 

最強の薄毛予防シャンプーって何!?